News
Releases
Mailorder
Medias
Ideas
Photos
About us
A-Infos
Links

Releases

ACM018

500 copies (September 2008)

< co-release with Perce Oreille, Pychopathia Criminalis and Chicken's Call >

price : ¥700 / 5.50 euro

REVIEWS for this record

CHICKEN'S CALL "Maintenant ou Jamais" 10"

2002年の "s/t" demo CD、2003年の "La liberte ne se donne pas, elle se prend" 7"に続き、実に4年ぶりとなるフレンチ・アナーコパンク・バンド "Chicken's Call" の4曲入り片面新作10"。正式な作品としては数えるなら、本作はセカンド・シングルと言ってもいいかもしれない。また、本作は、そのファースト・デモ、ファースト7"までに参加していたヴォーカリストが抜け、3ピースの新体制による録音。既に9年も活動している彼らのアナーコパンク・サウンドは、メロディアスかつウルトラ・キャッチー、そしてシンガロング全開で、それは以前の作品までの延長線上にあるが、よりアグレッシブになり勢いが増した。しかし、彼らの魅力はそれだけではなく、幾つかの曲では、アコースティック・ギターを巧みに導入し、実に「心の太い」サウンドを聞かせてくれる。歌詞は、「@パンク・バンド」と名乗るからには不可欠の、明確な政治的背景を持っている。歌詞のテーマもそれぞれ、働くことが実際にみじめだということより何か他のものを取り囲む「労働概念」、社会主義から資本主義へと連なる「我われの受動性」、資本の所有者の特権としてのみ機能する「国境」、学校ー仕事ー引退という「計画された未来」、といったように、彼らのその「明確な政治的背景」が如実に伺えることと思う。「明確な政治的背景」とは、いわゆるシステムという名の「奴ら」をあいまいにしないことと認識してもらえたらと思う。だが、「奴ら」とは根本的に一体何なのか? 「奴ら」が都合のいい抽象概念でなくなったときのみ、「以上のこと」が起こりえる、ということを、このバンドの歌詞から感じ取ってもらえれば嬉しい。日本語訳付。そして、シルクスクリーンで印刷されたジャケット及びピンク・ヴィニール仕様。

French melodic anarcho-punk. A 10" with 4 new songs.

Song titles : Fuite / Generation desabusee / Terre promise / Maintenant ou jamais

Chicken's Call : www.lustucrust.org





page top

back to the top