News
Releases
Mailorder
Medias
Ideas
Photos
About us
A-Infos
Links

Medias


> THE NOW-DENIAL / HIGHSCORE "Hope vs. Disillusion pt.2" split 7" (RF003)

東京のポリティカルレーベル Repulsive Force と THE NOW-DENIAL のボーカル自身のレーベルよりリリースの THE NOW-DENIAL と HIGHSCORE のベネフィットスプリット7インチ! この "hope vs. disillusion" スプリットシリーズは第一弾がなんと SEEIN'RED とのスプリットでリリースされており、今回はその第二弾なわけですが、今作は2001年6月、スウェーデンはイエテボリでの欧州連合EU会議に反対する抗議行動で、不当拘束された人々の訴訟費用のため、そして現在、世界規模で広がる反資本主義抵抗運動を支援するためにリリースされたというポリティカルすぎるベネフィットスプリット!両方ともドイツのバンドなのですが、THE NOW-DENIAL は DS-13 等を彷彿とさせるダークでちょいメロディアスなスラッシュサウンドで3曲提供。 HIGHSCORE の方は直球疾走 YOUTH CREW サウンドでシンガロングからモッシュパートまで激アツのショートレンジ OLDSCHOOL HC 6曲提供。そして歌詞、対訳、被拘束者によるテキスト、両バンドメンバー及びレーベル主催者によるエッセイも付いているので買った人は是非これにも目を通 してみて下さい。
Alcatrize Records

ドイツのハードコアバンド THE NOW-DENIAL と PEACE OF MIND のメンバー含むオールド・スクール・ハードコア HIGHSCORE との Split 7"。この THE NOW-DENIAL のやってるレーベル Tomte Tumme Tott が「希望と幻滅」という Split 7" の企画を続けていて、これはその第2弾。三軒茶屋のビルの谷間にひっそりと存在する REPULSIVE FORCE との Split リリース。第一弾は THE NOW-DENIAL とオランダの SEEIN'RED との Split で2001年にG8ジェノバサミット反対の直接行動をして不当に逮捕された人々の救援活動へのベネフィットで、今回は2001年にスウェーデンのイェーテボリで行なわれた欧州聯合(EU) 会議反対の直接行動に参加したドイツ在住の人に対して不当なガサ入れがあったため、「このことに懸念を表明している人々を支援し、欧州連合に対する闘争を支援する」ためのもの。REPULSIVE FORCE から出回っているものにはブックレットの日本語訳もついているので嬉しい。ブックレットには両バンドの歌詞、「欧州連合に何故抵抗するのか?」ということについて、またバンドのメンバーやレーベルの人々が一人ずつ「希望と幻滅」というテーマについて書いていて、個人的には、「複雑な政治理論や具体的な計画を持ち合わせていないなら批判するべきではないなんていうのはクソッタレ、社会やシーンのなかでイヤなものはイヤだと言えることが大切なんだ」という HIGHSCORE の Seb の文章と、「自分のことは自分でやり決定することを前提として国家的思考(例えば警察に捕まった人=悪い人という考え方というのもそうでしょう)や束縛から自分を取り戻そうぜ!」と呼び掛ける我らが KAZU (Repulsive Force) の文章が良いです。(KN )
Expansion Of Life #11

2001年6月にスウェーデンで開かれたEU首脳会議に反対する抗議行動において不当に拘束された抗議者のためのベネフィットSplitです(第1弾は THE NOW-DENIALと SEEIN' RED によるもので2001年ジェノバサミットでの拘束者へのベネフィット)。THE NOW-DENIAL はちょっと悲壮なメロディー漂う3曲、ドイツYouth CrewのHIGHSCORE はビートダウン (?) な曲もアリの6曲。何よりもインナーのメッセージと歌詞の日本語対訳が完璧に載っているので、ゆっくり読んで、この7"の意味を読み取って下さい。
High Wind Records

ドイツの THE NOW DENIAL のヴォーカリストが主催する tomte tumme tott の「希望vs幻滅」シリーズの第二弾ベネフィットスプリット7インチ。今回は、2001年6月、スウェーデンはイェーテボリでの欧州連合 (E.U) 会議に反対する抗議行動で、不当拘束された人々の訴訟費用のため、そして現在、世界規模で広がる反資本主義抵抗運動を支援するためにリリースされました。THE NOW-DENIAL はハードコアパンクでありながらもちょっと切なさを感させて、U.K.メロディック好きな僕としてはたまらない音でした。対する HIGHSCORE(これもドイツ)は、オールドスクールハードコアって感じで、コーラスがバリバリきまってます。どっちもカッコイイのですが、特にTHE NOW-DENIAL は、あまりハードコアを聴かないようなパンクキッズにもお勧めしたいです。これはちょっとハマる。そして歌詞とバンドメンバーやレーベル主催者のエッセイの日本語訳もあるのですが、両バンドの文章はシンプルで興味深いものでした。「とにかく言いたいことを言う」スタイルがカッコイイし、本来はそうあるべきなんだよね、とぼくも思います。理屈を考えるのはぼくらの娯楽じゃないもの。
Th3ee Days Away #14

両バンド共初めて聴きましたが、サウンドは異なれど同じ目的の元に一枚のレコードに!良い企画ですね。本作は、2001年のスウェーデンのイェーテボリで開催されたE.U.会議に反対する抗議行動で不当拘束された人々の訴訟費用のため、そして世界規模で広がる反資本主義抵抗運動を支援するためのベネフィットとしてリリースされました。(1枚につき$0.50が寄付に回ります。)このプロジェクトは「希望vs幻滅」とのタイトルが付けられシリーズ化されており、本作はその第2弾。(ちなみに第1弾は、THE NOW-DENIAL/SEEIN' RED の split EPでした。)音の方は、前者は TRAGEDY や FROM ASHES RISE に影響されたであろう、メロディアスなギターラインとタイトなサウンドが特徴のアップテンポなHC。プロダクションも良く、3曲どれもパワフルでカッコイイです。後者は、熱い raging HC thrash tune を6連発叩きつけます。TEAR IT UP の様な mosh & sing-a-longな 感じで思わず体も動いちゃう。詞の内容も個人的に良かった。このEPは、歌詞は勿論、その他に、拘束者による「E.U.に何故抵抗するか?」、レーベルとバンド・メンバーによる「希望とは情報の欠落」のテーマでスリーブに書かれたコラムも全て対訳されております。力作です!是非手にして聴いて考えてみて下さい!Repulsive Force と Tomte Tume Toitt の共同リリース。
Underground Warder Productions

The Now-Denial took me by total surprise. A nice mix of new- and old-school hardcore. Top-notch production with a heavy sound bursting with intensity and awesome mosh-parts. Fuckin' A! Highscore are playing high energy youth crew style hardcore, comparable to Uniform Choice. Loud, powerful vocals screamed over fast straight ahead hardcore with a couple of breakdowns. Energy. And this 7" is as benefit for those imprisoned after the Gothenburg protests in 2001.
Attack! Fanzine

The Now-Denial y Highscore. Es un 7" en beneficio por "las personas criminalizadas en las protestas de Gutenburgo contra la Union Europea", editado en Japon y Alemania. The Now-Denial es potente, hardcore mezcla entre Tragedy y Poison Idea, con temas como "Through torrents of shit" (A traves de torrentes de mierda) y "The truth is on fire" (La verdad esta en fuego). Highscore es hardcore de la vieja escuela del '88, con letras "politicas y positivas", como nos cuentan por ahi. Nada nuevo en los terminos de los periodistas de espectaculos y sus estilos tan predeterminados. Pero estas dos son buenas bandas, con mucha fuerza. Muy bien aprovechado el espacio de la caratula, viene con un texto titulado "La esperanza es una falta de informacion". Letras en ingles y japones .
Collectivo Involucion

This split is vol. 2 in a 7" series called "hope vs. dillusion" that is being put out to benefit victims of the European Union's so called "justice system". This one features 2 bands from Germany. On one side you get the Now Denial, throwing down with 3 songs of energetic hardcore punk with political lyrics, kinda like a crustier version of Brother Inferior! the flip side features Highscore who give us 6 songs of chaotic, in your face hardcore with political and personal lyrics, all with explinations. The 7" comes packaged with info on the benefit of the record as well.
Catchphraze Records / Catalyst Distribution

This record is a benefit for the criminalized people of the Gothenburg protests of the European union. Besides the ass kicking pissed off hardcore from both bands. there is lot of inspirational writing, about hope and disillusionment with our world and its ills, and some information on the European Union. The layout is really rad, and there is more writing than anything, which pleases me much. I recommended this to anyone who wants hardcore to be more than just music, fashion and rhetoric. My favorite song is Highscore's "Hardcore Bores Me to Death." An excellent releases with cause. (CD)
Heartattack #39

Two powerful German hardcore bands team up for this impressive split EP to benefit thos arrested during the anti-EU protests in Gothenburg, Sweden. Includes a nice fold-out poster with art, writing and lyrics (in English) and even a booklet with Japanese translations. (DS)
Profane Existence Distribution

This is the 2nd instalment of the Now-Denial's Hope vs. Disillusionment after their split with Seein'Red . This is a benefit for those criminalized by the Gothenburg protests, a worthy cause, and also has good essays on the EU and the concept of the record. I can't really describe appropriately how ND sound, only to say that there is a Tragedy influence in there somewhere, and they're bloody good. Highscore have been doing their New York 88 meets DC 81 thing for a while now and they're not about to let up to on the quality. I've recommended many release this issue. If you can't decide, maybe you should go for the one that is going to raise money for a good cause! (JW)
Reason To Believe #10

benefiz-platte fur goteborg- und genua-gefangene, und auch musikalisch an der oberen grenze; was fur ein knaller! the now denial spielen hardcore, wie er sein muss, eben hart & schnell, aber trotzdem rockig und eingagig, und dann hat's noch von diesen coolen mid-tempo-passagen; also echt nicht schlecht! highscore auf der flipside dann einiges schneller, mehr so wie alte ami-hardcore-bands, verpackt in einem posterfaltcover mit einigem zu lesen & einem beiblatt mit den ganzen japanischen ubersetzungen davon. gute platte, guter zweck, gute musik.
Rinderherz Records

Here we have a benefit record by these two German bands for political prisoners. Highscore deliver their best songs by far on this little gem. No boring SXE trappings (ok, there's one moshcore breakdown) here, just all-out, stripped down hardcore punk with conviction and something to say!! I was blown away by this side of punk and you should be too!! The Now-Denial have put out a fair share of releases lately and still continue to pummel!! Lots of new school emo-crust similar to Swedish bands like Breach and Switchblade, yet maybe more geared towards hardore than noise-drenched heaviness. Still heavy as bricks though!! This is a very well put together record with poster sleeve and informative essays as well.
Short Fast & Loud #11

Benefit for trial costs of the criminalized protestants against the EU-meeting in Gothenburg, Sweden. The latest T.N.D. songs combine their Portland influence with a more rocking approach, but still pissed! Highscore finally left behind the generic 88-old school-hc influence and come back with anger. Raging thrash, very angry! Part II of the hope vs. disillusion series in a nice fold-out poster w/ columns and all that shit...
Unsociable



page top

back to the top