News
Releases
Mailorder
Medias
Ideas
Photos
About us
A-Infos
Links

Medias


> EASPA MEASA / SILENCE split LP (ACM012)

Silence from Poland are hard hitting crustcore somewhat similar to a band like Fall of Efrafa, with the same style of varying between faster, harder, and heavier stuff. The old Tragedy comparison suits this fine as well, even though Silence are more on the doomy side. Tuned down and powerful. I know a lot of bands get the same description in lists like this all the time, but trust me on the fact that this is good. Easpa Measa from Ireland draw influences from great Irish bands like Jobbycrust and The Dagda in some parts and also adds some Ballast to it all. Quite a lot of tempo changes ranging from fast and pissed of to more tribal stuff, with dual fe/male vocals. Good stuff indeed.
Attack! Fanzine

アイルランド出身のクラストHC EASPA MEASAとポーランドの激情HC SILENCEのSplit LP。日本のレーベル、AcclaimとSILENCEのメンバーがやっているSadness of Noiseによる共同リリース。EASPA MEASAは新曲プラス、1stデモに収録されていた1曲を再録。 DISAFFECT、UNHINGEDに影響受けたようなレイジング・サウンドだけど、もっとドラマティックな展開を繰り広げたユーロ・サウンド。激情な雰囲気を醸し出しながらも、暗いムードも放出しスピーディーに疾走。レイジングに疾走しながらもアイルランドという国柄か、どこかもの悲しく悲壮感漂ったメロディアスな展開も絡め強力な男女ツインVo.で煽る、激情ユーロ・メロディアス・レイジング・クラスティーHCパンクでグッときます!! SILENCEの方も激情なサウンドを放出。迫力のある低音の利いたサウンドだけど、ダイナミックになりすぎず粗さも少し残したサウンドが強烈な仕上がりになっていると思います。だけどこのバンドの特徴は叙情的なメロディアス・サウンド。TRAGEDYサウンドを突き詰め、より壮大に劇的な展開を武器にどうしようもない苦悩をブチまけ暗い雰囲気も放出させた、叙情ドラマティック・メロディアス・ダークHCサウンド!! どちらもド迫力のサウンドです!!
Boy

Ireland vs Poland. And that works quite well. Easpe Measa plays uptempo hardcore which somehow reminds me of the French band Anomie. Especialy the guitarwork. The vocals, both female/ male have a more crusty approach but fit well with the melodie and speed. Silence moved even further up the From Ashes Rise/ Tragedy path. They do it pretty good. Slow parts doomy parts with faster d-beat melodies; they have all the tricks. Good stuff!
Degraanrepubliek

NemetonaとSplit 7インチをリリースしたアイルランド・ ダブリンのEaspa Measaは全3曲収録。メリハリの利いたメロディック・クラスティー・ハードコアに、生を均質化するシステムに対する怒り満載の男女ツイン・ボーカルが乗る。最高。Burning The ProspectとのSplit 7インチも素晴らしかったポーランドのSilenceも新曲3曲収録。TragedyやFrom Ashes Riseなどから影響を感じさせるサウンドにSilence独自のセンスを上手く混ぜ合わせた壮大かつ豪快なハードコア。SilenceのSkubolが運営するSadness Of NoiseとAcclaimの協同リリース。
Irregular Rhythm Asylum

This is a great new split LP between a pair of Europe's finest crust bands. EASPA MEASA is from Ireland and play a powerful brand of fast hardcore / crust with male / female vocals that can be likened to DISAFFECT or the thrashier side of NAUSEA. SILENCE are from Poland and they deliver another dose of their dark and emotive crust - sounding much more fluid and thought out than their previous releases. Another rock solid new release fore this week.
Profane Existence Distribution

東京の叛骨アナーコ・コレクティブ、Acclaim新作リリース! アイルランド/ダブリン出身のEaspa Measaは、ひたすら叙情的に、ダーク&ドラマチックな荘厳ヘビースラッシュサウンドに乗せ、病める現代社会、システムを糾弾し、真の生を訴えかける女性ボーカルエモーティブ・クラスティーアナーコダークスラッシュ! 対するポーランドのSilenceは先日リリースの7"ep同様に、こちらも荘厳ダーク・ドラマチック・スラッシュ・アナーコPUNK! Acclaimによる日本語歌詞対訳付き!
Punk And Destroy

今日は、A-cclaim・黒い行商人さん (近かったら、リヤカー引きながら一緒に行商したいです・笑) にオーダーしてて到着を楽しみにしてたA-cclaimリリースのSilence / EASPA MEASAスプリットlpを聴いてます。両バンドとも以前A-cclaimが単独だったり色んなレーベルと協同 (協働) でリリースしたスプリットepもあり、その事もあり凄く楽しみにしてたスプリットlpでした。両バンドとも、曲は以前よりも切なくなる(だからこそよけい燃えます)展開や激情さが増し聴いてると、自分も何か何でもいいから叫びたくなります (笑) Silenceは、曲聴きながら歌詞読むと、これが今行なわれてる、造られてる <現実> なのか!? とうんざりするんですが、だからこそ自分の欲望がふつふつと溢れ出します。自分は、この自分の中から出る感情や欲望を何よりも大切にしたいです。だから、Silenceの絶望的な歌詞に一つ一つ拒否しながら読みました (笑) それに多分Silenceは、一緒にこの進行する生の奴隷化から私達の生を取り戻そう!! と問いかけてるはずだと思いますし (笑) バンド名は、<沈黙> だけど、だからこそこの沈黙を壊せ! とこのバンド名を見てたら改めて思いました。EASPA MEASAの曲で <最後の呼吸> と言うのが収録されてました。その歌詞で「最後の呼吸を聞くことだ (支配階級のな)」。私達の中だけでもそれを聞きたい〜と思います。ヤツラの呼吸に合わせて呼吸なんかしたくないし (笑) 楽しく決別したいな〜と思います。そして今日のタイトルをしていきたい!! と思います。それが、難しくても。それは、EASPA MEASAが <毒されるミルク> という曲で「大声を上げ続けろ、私達の喉が耳障りになるまで。ツバを吐いて、ゲロを吐いて。感じることができるまで、奴らの卑劣な接触の最後を。身についてしまったことを捨て去るのは困難だ。でもそれをみな捨て去るんだ。起こったこと、過ぎ去ったことから学ぶようにするんだ。そうすれば過ちは再びない。」とあるように過ちを繰り返さない事は、使命とかではなく自分がしたくないために学び (感じ) たいな〜とこの歌詞読みながらそう感じました。それをする事で、きっともっともっと気持ちよく呼吸できるんじゃないかな〜と思います!! 今回のレコードは、改めてうんざり感も力になり、自分の希望や欲望を呼び起こしてくれるんだ! と思わせてくれました。
Radical Normal Life

ポーランドとアイルランドのポリティカルハードコアスプリットLP。SILENCEはダーク且つメタリックなハードコアバンド。このバンドのメロディーの作り方は凄いです。泣きや怒りを表現したかのような曲作りはかなりの魅力だと思います。Easpa Measaはアイルランドの女性ボーカルポリティカルハードコアバンド。特にメロディーのあるハイテンポな1曲目はかなりかっこよい。そして男女ツインボーカルになるパートの掛け合いは言うこと無し。1曲の中にメロディーと激しさが共存している所が魅力だと思います。各バンド共に3曲入りの33rpm、Acclaimさんのリリースなので日本語対訳付き。
Reset Not Equal Zero

3 Tracks from Dublins EASPA MEASA here, one was actually on their 2005 Tour CD but made it on vinyl now. EASPA MEASA getting more out of the best of such "ancient" irish bands such as JOBBYKRUST (withyout the "crankyness") or even THE DAGDA... a brand between those melodies, heavyness, a doze of punkrock vs. more epic driven crust... somehow i can't stop doing name dropping but this reminds me a bit of BALLAST as well. It's good, very good, maybe not new but very good. SILENCE play heavy melodic epic driven crustpunk here similar to FALL OF EFAFRA with a brand of diverse technical guitar playing and a range of tempo changes. Good one on both sides.
Ruin Nation

Two groups not only having in common the names of the cities -Lublin/Dublin, but also sharing similar attitude towards punk rock. DIY, politically and socially outspoken - these are the points of convergence for both bands. Recorded after a tour in Poland played together by both bands. Musically - Silence is a heavy and dark hardcore punk with depressive and at times angry lyrics. These lads were influenced by the likes of Madame Germen, From Ashes Rise or His Hero is Gone. Easpa Measa play dark melodic crust with female/male vocals influenced by Jobbycrust and Thin Lizzy Lyrically they do not avoid difficult social issues and do not forget where they are coming from. But this record is not only music or the message - it is also a testimony. That DIY hardcore punk is really a community, a network of friends beyond political borders and boundaries. This record would not have happened if it hadn't been for the beer, food, squatted floors slept on, silly jokes shared together by Polish and Irish punks somewhere in Poland and Czech Republic in May 2005. This record may not change the world but it is still a definite 'fuck you' to all the forces trying to hinder our punk rock lifestyle.
Sadness of Noise NEW

ポーランドのSILENCEは2005年録音の3曲収録。ドラマチックかつメロディーのあるcrustyサウンドなんだけど、簡単にTRAGEDYクローンとか言わないでくれ。俺は彼らの叫びやメロディーにもっと深い悲愴や哀愁や孤独を感じる。壮大ですっごくエモーティブな音なんだ。アコギとかも使って作曲センスも良い。俺の彼女も彼らのサウンドを気に入ってたんで色々な方々が楽しめるんじゃないかな。こちらは3曲入。アイルランドはダブリン出身のE.M.は、男女デュアルボーカルが印象的なスピーディーなHC。きっとDISAFFECTやJOBBYKRUSTやUNHINGEDなんかが好きなら絶対だと思う。ギタープレイがメロディアスでこれまたgood! 2曲目中間部にはSEDITIONを彷彿とさせるパートもあり。最高にカッコイイです! こちらも3曲入。マジ傑作なんでこれは皆さんにお薦めします。ACCLAIMのリリース。対訳付き。
Underground Warder Productions



page top

back to the top