News
Releases
Mailorder
Medias
Ideas
Photos
About us
A-Infos
Links

Mailorder

News
Restocks
Records
Compilations
Cassettes
Zines & Books
T-Shirts & Others
通信販売
Records
page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5
2ND DEGREE "Labyrinth" 7" (Statement Records) ¥800
この 2nd Degree は、東京の初期UKスタイルの荒々しいハードコア/パンク・バンド。本作は、2ndシングルに当たる最新作で、シンプルでありながら、この現実に生きる彼ら自身の怒りや不満、そして苛立ちが全面 に出ているパワフル・サウンド。全3曲。バッチ付。
 
ADRENALIN "Destroy Force" demo CD-R (Adrenalin) ¥300
昨年5月1日、松本でライブ + デモという形で行なわれた "Da★Mayday" で、ライブ・サイド ("Anti-Authority (反権威)" と題されたこの企画は、東京から Voc^o Protesta、The Happening、松本から Desperado、P-Heavy が出演 ) に出演していた松本のポリティカル・ハードコア/パンク・バンド "Adrenalin" の1stデモが完成! 初期ジャパニーズ・パンク/ハードコアと Discharge を融合させたようなドライブ感のあるハードコア/パンクが実にパワフルで、帝国主義戦争に対して、ストレートかつ冷静な言葉で怒りを爆発させる。そして、ダイレクトに耳に入ってくる日本語と英語を絡めて叫ぶヴォーカリストがまた存在感たっぷり。全5曲。 Destroy Force & I Hate War!
 

ANCHOR "キズ" CD (Anchor) ¥800
Envy を彷佛させる新潟のエモーショナル・ハードコア・バンドの6曲入り1st CD。質の高い楽曲に、日本語の歌詞。7インチ・サイズのジャケット。

 
ANGSTZUSTAND "Malen Nach Zahlen" CD (Shove) ¥800
ノース・ジャーマンの Angstzustand の2ndアルバム。90年代前半に、Ebullition や Vermiform に影響されたジャーマン・スタイル・激情ハードコア (この頃のドイツは、出てくるバンドが全てカッコ良かったが、このバンドはとりわけ Acme や Dawnbreed などの影響) を基本とし、このバンドはもっとそれ以降の Yage などのメロディアスでエモーショナルな要素も加わり、Catharsis などの現代的な革命性も備えているという、個人的に大好きなバンド。まず西洋資本主義社会の暗い側面 を投影したような、そのアートワークが醸し出しているバンドの空気というか、それで ok だ。ヴォーカルは、Catharsis のようでもあるが、Yage のように唱う部分もある。歌詞は全てドイツ語で解説ありの全7曲。
 
AUTONOMIA "Necrologia - Discografia 2002-2006" CD (Barricada Discos) ¥900
日本でも人気の高いぺルビアン・アナーコ・ピースパンク・バンド "Autonomia" のディスコグラフィー第2弾が、今回は自身のレーベル "Barricada Discos" より単独リリース。本作は、2002年から2006年までの音源を収録で、"Television + Radio Libre" promo CD-R、"Guerra de Alta Intensidad" comp CD-R、split 7" w/Antitese Social、"A Tribute To Anti Cimex" comp CD/LP、split 7" w/Botellon de Castigo、ベネズエラのアナキスト・ニュースペーパー "El Libertario" へのベネフィットである "El Libertario" benefit comp CDなどなどを全17曲収録 (ボーナス1曲あり)。この時期より以前のクセのあるメロディアスなサウンドからより攻撃的なサウンドに変化した彼らだが、こうして通 して聞くと、やはり顕著なメロディを持っていることに気づく。歌詞英訳のエクストラ・ペーパー付。
 

BANGSAT "No For This Insane" CD-R (Asusila) 400
インドネシアのポリティカル・グラインドコア。ロウでぶっ壊れたサウンドで、国家・戦争・民主主義・人種差別 に怒り剥き出し。全15曲。

 
BEYOND DESCRIPTION "A Road To A Brilliant Future" LP (Angry) ¥900
東京のベテラン・ジャパニーズ "クラスティー" ハードコア・バンド "Beyond Description" の2ndアルバム。このバンドの独特の直線的でパワフルなドラミングをベースに、ジャパニーズ・ハードコアの突進力と、前作よりもっと 80'sスラッシュメタルの影響濃いギターで、豪快に突き進む全12曲。イタリアの Angry Records からのリリースで、CDは、Crimes Against Humanity、カセットが、Blast Off よりリリースされている。
 

BIOFILO PANCLASTA "s/t" 7" (Nuestra Lengua) ¥400
アルゼンチンの男女ツインヴォーカル・アナーコ・エモ "Biofilo Panclasta" のデビュー・シングル。ダークなスクリーモ・ハードコアだが、Zegotaや1905のようなUS・イデアリスティック・ハードコア・バンドの情熱的な雰囲気を強く持っており、めちゃくちゃかっこいい。スペイン語の歌詞は短いが、生きることに対して、瞬間瞬間で「ハッ」と気付かせてくれたり、スリルを呼び起こしてくれる。英訳付。全6曲! USの "Nuestra Lengua"より。

「実に親のように見える子供ら。死んでいることをまったく知らないんだ!」ー Prodiglos/Prodigies (天才)

 
BOMBENALARM "Destination Fucked Up" 7" (Unsociable) ¥400
ジャーマン・ポリティカル・ジャパニーズ・スタイル・ハードコア "Bombenalarm" のデビュー・シングルが、リマスター/ニューアートワークで再発! 同郷のBurialと共に、現在のジャーマン・ハードコアの人気のスタイルとなっている、いわゆるジャパニーズ・ハードコアに影響を受けたサウンドで、Tragedy的な要素もあるが、やはり根本的なところはジャパニーズ・ハードコアのそれ。それらの2つを巧くミックスさせたようなサウンドで、悲壮をほどよく兼ね備え、ストロングかつヘヴィで、初めて聞いたがこのバンドはかなりかっこ良い。そして、歌詞もかなり鋭くてかっこ良かった: 俺たちの自尊心や存在をくらまし、世界利用のための完璧な計画が存在するこの「big world」に対して、強烈な批判を込める。地元では、アンチ=ナチ・ミュージック・コレクティヴ/インフォサイト "Turn It Down" の Turn It Down Festival にも出演するなど、こういうサウンドで、「アンチ=ファシズム!」なんて言われるとさらに燃えるなあ。全4曲。
 
BORA "Spit Into Kismet's Face" CD (Kablio Muzika / Unbeliever) ¥900
リトアニア(旧ソ連)のインスピレーショナル・ポリティカル・ハードコア "Bora" の1stアルバム。これは、ポーランドの Coalition との split CD 以来の待望の新作で、ロッキンな Catharsis といった様相のサウンドだが、ダーク&ドラマチックという感じではなく(というより、ニュースクール/カオティック・ハードコアの要素が強し)、展開は変則的なところもあるが、ベースとなるのは、直情的な超パワフルなハードコア。サウンド・プロダクションも完璧。そして自分たちの生きる「生」っていうのは何か、そして、その欲求を殺し阻むモノは何か、というのを深く考えさせ勇気づけてくれる長文の歌詞も実に素晴らしく、中には CrimethInc. から発行されている「Stone Hotel」の著者であり政治囚の "Raegan Butcher" の詩をカバーした曲もあり興味深い。その他、異性愛至上主義への嫌悪感を物語風に書いた"Insecure Heterosexuality" など全13曲。アートワークに書かれたメッセージにもそうした生の拡充へのヒントがあるので、その力強いサウンド共々堪能してもらえたら、そして日本では全く無名な地域だが、リトアニアを含む近辺の旧ソ連の国々にはこの Bora の様な素晴らしいバンドが沢山いるので、本作がその切っ掛けになればとも思う。highly recommended。
 
BOXED IN "s/t" 7" (Heart First) ¥400
あらゆるUKハードコアのベテラン勢を配するといっていい、ウルトラ=ファスト・ポリティカル・ハードコア/パンク "Boxed In"の 3rd 7"。彼らは、Ripcord や、個人的には BGK を強く思わせる重量 級の80'sスタイル・レイジング・ハードコアに多少モダンな要素も加わった素晴らしいバンドだが、このバンドは全作はずれなしで、3rd 7" となる本作は、とりわけ彼らのベスト・マテリアルといっていい出来だ。やはり、友人も言っていたように Sned (ex-Health Hazard/Flat Earth Records) のドラミングがかっこ良すぎる。Kafka Process のカバー含む全7曲!
 
BOYCOT "Total Boycot 1995 -2000" CD (Angry) ¥900
"Only Stupid Bastards Help Epitaph (Epitaph をサポートするのは間抜けなクソ野郎だけ)" 7" で衝撃的なデビューを飾ったオランダのウルトラ・ポリティカル・スラッシュ・ハードコア "Boycot" の全音源を収めた脅威のディスコグラフィー。収録は、その1st 7"、Split 7" w/Argue Damnation、Split 7" w/Insane Youth、Split 10" w/Distress、Split 7" w/Yuppiecrusher、Split 7" w/Betercore、Split 7" w/Tuco Ramirez、Split 7" w/Fleas & Lice、"Iron Columns" comp LP、"Hiatus tribute" comp LP など全48曲。初めて聞いたのは、Argue Damnationとの Split 7"だったが、このバンドは今聞いても最高だ。1st 7" からかなり速いが、徐々に手がつけられないスピードになってくるのが痛快。「スラッシュ・ハードコア」と言っても、洗練された「ラウド」なサウンドではなく、パンク・ロックとクラストの中間を行くような極めてパンクがベースにある音作りがこのバンドのカッコ良さだろう。そして、BetercoreのヴォーカリストでもあるこのBilliのハチャメチャながらしっかり言葉も発しているヴォーカリゼションで、シリアスとユーモアの極みとも言える破壊力抜群のウルトラ・ポリティカル・リリックスを次々とブチかましていく。その様がまたまた痛快。しかし、ここまで「沈黙」という言葉と縁遠いバンドも貴重だ (笑 パンク・シーンに関する批判も多いが、それはパンクスの自治 (DIY) を最も大切にしているところのあらわれである。俺は、ガンとくるな。
 
BREAK OF CHAIN "Fast Warning" CD (Sprout Records) ¥1,200
東北を中心に精力的な活動を行なっている仙台のオールドスクール/NYスタイル・ハードコア "Break Of Chain" の1stアルバム。いわゆる「モッシュ系」とは違うファストなハードコアを基本とした音作り。超攻撃的でパワフルで、ヴォーカリストも存在感たっぷり。全6曲。地元に根ざしたリリース活動を続ける Sprout からのリリース。
 
BURIAL "Hungry Wolves" CD (H.G.Fact) ¥1,500
今年8月には、Nightmare、Crudeとのジャパン・ツアーも予定されているジャーマン "バーニングスピリッツ" ハードコア・ウルフ "Burial" の日本編集盤が、H.G.Factよりリリースされた。収録順に行くと、 ドイツのHeartfirstよりリリースされた "Hungry Wolves" 2nd 7"、未発表曲2曲、そのHeartfirstが企画した "Deutschland In Decline" comp 7"収録曲、そして、ドイツのAutodafeからの1st 7"含む全11曲で、全曲リマスタリング。1st 7"から既に余裕というか貫禄たっぷりのまさに「ジャパニーズ・ハードコア」をプレイしており、それもまったく「Burial」といった自分たちの音をつくりあげているのが驚き。Tragedy的なメロディも聞こえてきて、それをまたなんなくそのサウンドに取り込んでいるのがグレート。個人的に、これもまたこのバンドのかっこよさだと思った。自分たちを「餓えたオオカミ」に例え、システマチックな人生から「生」を取り戻そうとする歌詞もバンドそれ自体を表現している。Punk And Destroyの "Shin" による、かれらをうまく表現した日本語訳もいい。燃えろ!
 

CATHODE "...A Machine That Never Falters" CD (Terrotten + Others) ¥900
オランダのポリティカル・ブルータル・ダーク・ハードコア "Cathode" のグレート・1stアルバム "...A Machine That Never Falters" の南米版CD。ブラジルの Terrotten Records からのリリース。以前、Acclaim に入荷したアジア版カセットと内容は全く同じなので、以下のレビューを参照のこと。

( Acclaim の今年のベスト・バンド、この Cathode は、オランダのポリティカル・ブルータル・ダーク・ハードコア・バンド。本作は、元々は、バンド自身によってリリースされた大傑作1stアルバムを、マレーシアの Disarmament がアジア版としてリリースしたカセット。他にも東欧版・南米版がリリースされているということからも本作の世界に対する影響度は伺えるが、まさに Gehenna/Catharsis 系の情熱に満ちたダーク・ディストラクション・ハードコア。その2バンドよりもクラスティーな要素が高くレイジング、展開も劇的でユニーク、そしてこの何度聞いても飽きない曲作りの奥深さ。Catharsis の Brianを多少思わせるヴォーカリストもたまらなくカッコ良いし、歌詞は、ネガティブな視点の暗い表現の中に、この世界の中で何か「他のもの」を見つけられないか、といった彼ら自身の欲望がところどころに垣間見れる。ほんと何度聞いたか分らない全8曲。プロコピー。 )
 

CENTURY OF WAR "s/t" 7" (Fight) ¥400
World Burns To Death (WBTD) のJack Controlの録音によってリリースされた、同じテキサスのニュー・バンド "Century Of War" のデビュー・シングル。WBTDを多少スマートにしたような感じ (だが、それは彼らより良くないということを意味するものではない) の真摯溢れるDビート・クラスト・ハードコア・バンド。歌詞はバンド名でお分かりのとおり、反戦を主題にしたもので、裏ジャケに、"Bruder Grimm (グリム兄弟)" (註 : 「赤ずきんちゃん」などの「グリム童話」の著者で有名で、1837年、ドイツのゲッティンゲン大学で、大学の自治権に対するハノーファー国王エルンスト・アウグストの政策に異議を唱え、7人の教授が追放・免職になった「ゲッティンゲン7教授事件」でも知られるドイツの言語学者の兄弟) の言葉ーー「MY NAME IS DEATH. I MAKE ALL MEN EQUAL... (私の名前は死だ (おそらく「名前などない・いらない」というニュアンス?)。私はあらゆる人間を平等にしたい...)」が引用されているのが非常に興味深い。Century Of Warが、このグリム兄弟の言葉を引用した背景には、その「ゲッティンゲン7教授事件」の7人の教授が、ドイツ語圏で「Gottinger Sieben (ゲッティンゲンの7人)」と呼ばれることに因んで、ベトナム戦争時には、シカゴ大学で反戦集会を行ない、声明を発表した7人の学生が「Chicago Seven (シカゴの7人)」と呼ばれたことがあることは言うまでもない。と思うが。。。

 
CHAROGNE STONE "Schtern" 7" (Emergence / Wee Wee / Kawaii) ¥400
Spazz、Iron Lungタイプのサウンドをプレイするフランス・La Machineのパワーバイオレンス・スラッシュコア・デュオのセカンド・シングル。ツーマン・スタイルながらかなりパワフルで、クラストコアの要素や、曲のバリエーションも豊か。すべてフランス語で唄われており、全5曲収録。
 
CITA ATTIEKSME "s/t" MCD (Kablio Muzika) ¥800
旧ソ連・ラトビア出身のポリティカル・オールドスクール・ハードコア。これは、2nd MCD。メロディアスで、ストロングなハードコアは、欧米のバンドにも引けとらず。自国語メインでたまに英語で唱われる歌詞は、超ポリティカルで、「権力者の言葉を買うな!」と叫ぶ "Freedom of Speech”、「マッチョ文化はハリウッド映画に起因する」と叫ぶ"Macho"など全6曲。既に解散。
 
CONCLUDE "Liberate Animals" CD-R (Reset Not Equal Zero) ¥400
神奈川のフイニッシュ・スタイル・クラストコア "Conclude" の94年リリースの1stデモがCD-R化。そして、04年5月に不慮の事故で亡くなったギタリスト (Acclaim も知り合いでした) に捧げられた本作。初期の荒々しいぶっ壊れクラスト・パンクで、個人的には、彼らはやはりこの頃がかっこ良い。"Destroy Fascism"、 "Liberate Animals"、"Fuck The Police" など全4曲で、歌詞の解説あり。限定100枚。
 
CURVE "Broken Beautiful Product" CD (Satire Records) ¥1,500
ギター/ヴォーカル、ドラムという2人編成の東京のエモロック・バンド "Curve" のファースト・ミニアルバム。実に言葉・温かさ・激しさ・荘大さが一体となった、エネルギッシュなエモロック・サウンドを聞かせてくれる。ジャケットに書かれた彼らのコラムも、彼らの考えている音楽がどういうものか知れて良かったし、少し納得した自分も居た。全7曲。
 

DEAD SUNRISE "Several Casualties" 7" (Nightstick Justice) ¥400
フィンランドよりまたニューバンドがデビューした。Dead Sunrise (死んだ日の出)ー彼らは、His Hero Is Gone、From Ashes Rise影響下にありながら、よりメタルなリフ、スロウ・パートを持つポリティカル・ダーク・ハードコアパンク・バンド。かなりメタリックで、いわゆる「メタル・ハードコア」の域に達すると思われる曲の展開もありそれがまた独特で、ただの「HHIG、From Ashes Rise系」と判断されるにはあまりにその領域を脱している。「おまえは手足を失って、燃えるだろう」ーーとてつもない生命力が溢れる歌詞は、怒りもなく、欲望もなく、遂には死ぬ ために自由になるだけの人生を注意深く感じ取って書かれたものが大半。ファースト・ソング "Gangrene (壊疽/えそ)"は、彼らのその中心にあるテーマをもっとも明確に示したものだ。歌詞インサートには、「壊疽/えそ」に対するこんな説明書きがある : 「 Gangrene (壊疽/えそ)とは、からだの一部の壊死か禁欲のことであり、目に見える大部分の相当な領域におよび、感染や血栓症や血流の不足によって引き起こされる。しばし、禁欲の第一段階を表示するのに使用される。」。全4曲収録。

 
DEATH WITH A DAGGER "s/t" demo CD-R (Reset Not Equal Zero) ¥500
Drowning Nation、The Phoenix Foundation、Heartburns のメンバーで結成された、フィンランド・ヘルシンキのロッキン・Dビート・ハードコア "Death With A Dagger" のデモの日本流通版。リリースは、神奈川の Reset Not Equal Zero。後期 Anti-Cimex + Tragedy + Motorhead + Death Side といった感じで、非常に完成度の高いサウンドでかなりのカッコ良さ。もちろん歌詞もメンバーそれぞれが別 でやっている、前述したバンドのようなセンスを持ち合わせており、非常に日常的なスタンスで、この世界で生きるフラストレーションや、そこから生まれる欲望を叫ぶ。全4曲。
 
DIP LEG "The Sympathy Without Love" CD (Satire Records) ¥1,500
岡山のグレートなエモーショナル・ハードコア・パンク・バンド の1stフルアルバム。Envy・Yaphet Kotto・Yage のようなレベルの高い楽曲で、実に聞かせる作品。そのうえ起伏のある展開で、聞いていくうちに気持ちは高揚してくる。そして、この退屈でクソみたいな世界から自らの理想を取り戻そうとする感情を叫び唄うヴォーカリストも表現力豊かで本当にカッコよい。個人的に、それが如実に表れている「Ideal and fact」、反戦ソング「President took a sad ending」が良かった。全8曲で、今後アメリカ盤CDやアジア盤カセットもリリースされる予定。
 
DIRGE "Scarred Forever" LP (Crust War) ¥1,800
80年代中期のカルトUKピース・パンク・バンド "Dirge" の84年リリースのデモ及び未発表ライブを収録したLPが、大阪のCrust Warよりリリース。正式音源は、ConflictのColinが主宰するMotarhateの "We Won't Be Your Fucking Poor" 2 x comp LPに収録された「The Right To Refuse」のみで、それがこのデモ音源の一曲めに当たる。本作はそのデモの音源がすべて収録されているというわけだ。Dischargeをベースにしつつ、Disorderばりのディスト−テッド・ダーティ・スラッシュをプレイし、主に反戦・アニマル・リベレーションを唱った歌詞はCrass~Conflict~Antisectラインの思慮深いアナーコなものだ。全10ページの和英のブックレットには、本作リリースのキッカケとなったex-SarcasmのMarkの文章、84年に"Guilty Without Trial" ファンジンに掲載された彼らのインタビュー、歌詞などを掲載。「Protect Not Disect (解剖じゃなく保護しろ」ーDirge
 
DISRESPECT "Justice In A Bag" 7" (Profane Existence) ¥400
Profane Existence/ex-Pissed の Dan, Misery, Civil Disobedience, Destroy のメンバ ーによる初期UKスタイル・ミネアポリス・アナーコパンク・バンドの 2ndシングル。1st 7" からずうっと気になっていたが、さすがにセンス抜群。荒々しいオールドスタイルのハードコア/パンクをベースに、初期UKパンク/ハードコア特有のメロディアスな要素が絶妙にマッチしたサウンドはかなり熱くなった。そして、この髪立てのクールな 80's UKファッションの女性ヴォーカリスト "Molly" を含む男女トリプル・ヴォーカルだ。長文の歌詞は、裏ジャケのラムズフェルドとチェイニーをコケにしたアートワークからも分るように、アメリカのイラク侵略を題材にしたタイトル曲 "Justice In A Bag" や、個人的に一番気にいったこの社会に於ける人生のロール・モデル(模範)に対して、「おまえは人生の計画をしていたのか? 死を計画していたのか?」と投げかける物語風の「Death Insurance (死亡保険)」など全4曲。バンド名も良いし、最高に素敵なバンドだ。
 
DONA MALDAD "...En Llamas de Rabia" 7" (Noseke + Others) ¥400
タイプは違うが、@patia No と並び Acclaim 一押しのベネズエラン・@パンク・バンド "Dona Maldad" のニュー・シングルがリリース! Blitz の "New Age" のカバーをプレイしてるところからも分かるとおり、キャッチー&メロディアスな力強さもかなり渋いが、この存在感のある男性ツイン・ヴォーカリストも相当。新しさはないのだが、実に魅力的に、自分たちを Rock しているバンド。もちろん全編アグレッシブ。ジャケットには、ベネズエラの Perija 鉱山における政府と多国籍企業の石炭開発に対する闘争を知らせるインフォメーションあり。Noseke Records を始めとした、全5レーベル協同リリース。全8曲!
 
DOR OU REVOLTA? "Da Sensacao De Bem-estar A Prisao" CD-R ((livrescolha)) ¥250
またまたグッドなブラジリアン・ポリティカル・ニュースクール・ハードコア・バンドがデビュー! 本作はファースト・シングルとなる全4曲収録。エモーショナルでメタリックなハードコアに、ときおりメロディアスなギターが被さるこのオリジナリティ溢れるサウンド。重厚なドラミングもパワフル、サウンド・クオリティも秀逸。そして、ポルトガル語でシャウトするポリティカルで主観的な歌詞もかなりよさそう (ポルトガル語のため内容はあまり理解できなかったが): 「いつも世界の変化を信じていたが、人生における変化、進路が、達成されるべき目標だということに気付くことができなかった。ちがうんだ、世界は、おまえだけがそれをすることができるような変化では変わらないんだ。」(レーベルの HP の歌詞の英訳より) 。パッチ付 (先着)。
page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5
Records
News
Restocks
Records
Compilations
Cassettes
Zines & Books
T-Shirts & Others
通信販売

page top

back to the top